なろう廃人のすすめ なろう廃人のすすめ

【悪役令嬢もの】のおすすめ小説7個紹介!

1位 死にやすい公爵令嬢と七人の貴公子

書籍版「死にやすい公爵令嬢」一巻・二巻が双葉社 Mノベルスさまから発売中です。

八歳の春の夜、私ことアウレリア公爵令嬢エーリカは気がついてしまった。
あれ、私、ファンタジーの世界に転生してない?
しかも血なまぐさいと評判の伝奇ファンタジー乙女ゲーム「リベル・モンストロルム 〜幻の獣と冬の姫君〜」の中に。

鏡に映ったこの顔は、あのゲームのかませ犬な悪女キャラそのものだ。
主人公をはじめ、たくさんの登場人物に嫌がらせを繰り返したあげく、猟奇事件イベント開始の時報のように必ず死ぬ、まさに自業自得のしょっぱい悪役だ!

──こんな運命絶対イヤ?

いいえ、前世の記憶を思い出した私にとってはそんな事ないんです。

前世の私は逆切れヤンデレ男に「きっと俺に惚れている」なんて言いがかりで嫌がらせされまくっていた。
死因も、ほんの数回しか会話したことのない別のヤンデレ男からの刺殺なんだよね……。

高慢悪女エーリカならば、前世みたいに勘違いヤンデレ男は寄って来ないハズ…?

あとは自分が立てる事になる死亡フラグをどうにかすればいいだけ。
よし! まずは魔法学園で猟奇事件が始まる前に、死亡フラグをバキバキっとヘシ折ってみせる!!

って思ったらもう死にそうです。
ええっ、どういうことなのーーーー!?

小説を読む →
レビュー・コメントを見る →

2位 悪役令嬢に恋をして

 気がつくとそこは異世界だった。神様に出会う事もチート能力を与えられる事もなく、いきなり異世界に転生した少年。
 考える間もなく巻き込まれたヘビーな展開を乗り越え、成り行きで大貴族家のお坊ちゃまの従者になったのだが、この世界には更に驚くべき秘密があった。
 大切な人たちを守る為に世界に抗う事を少年は決意する。それがどんなに無謀な事と分かっていても。

2018年2月9日 『Out of the game:戦乱の時』以降を訳あって改稿しました。

小説を読む →
レビュー・コメントを見る →

3位 モブ男、悪役女に転生する

モブA君(男)が逆ハーレム漫画の悪役女に異世界転生。逆ハーレムを作らせるため、地味な主人公「桃香ちゃん(女)」をいじめようと奮闘する話です。
しかし、女になっただけでも大変なのに、転生した悪役女は設定「淫乱ピンク(髪色)」で逆ハーレム要員全員と肉体関係を持つキャラクターだったという多重苦。

※ヘタレモブですので肉体関係は全力回避中です 
※地味主人公なはずの桃香ちゃんが最強すぎて、悪役が雑魚です 
※でも頑張って悪役しようと奮闘します。
※乙女ゲームではありません。人気漫画でもありません。打ち切り漫画です。

※挿絵をいただきました!ありがとうございます!※

小説を読む →
レビュー・コメントを見る →

悪役令嬢後宮物語

エルグランド王国には、とある有名な伯爵令嬢がいた。
その麗しい美貌で老若男女を虜にし、意のままに動かす。逆らう者には容赦せず、完膚なきまでに叩き潰し、己が楽しみたいがために多くの人間を不幸にしてきた。
美しくも冷酷、鋭い刺を持つ『氷の薔薇』――。

「えぇと、それ、誰の話?」

これは、やることなすことあさって解釈される伯爵令嬢が、後宮という女の戦場で、四苦八苦のちなんとか幸せになろうとする、お話。

☆追記☆
2013年8月12日、株式会社フロンティアワークス、アリアンローズ様より、書籍化されました!
こちら共々、よろしくお願いします。

小説を読む →
レビュー・コメントを見る →

蝿の女王

安アパートのゴミ部屋で育ち悲惨な最期を迎えた少女は、大好きだったアニメ『燃える髪のメロディ』の世界に転生する。
ただし、生まれ変わったのは悪役の女ボス『クィーン』の正体である貴族令嬢アリス・レニエ。
またしても幼い頃から不幸続きの人生だった。
それでも悲願を胸に悪の組織で順調に出世していったアリスは、16歳になったある日、美貌の後見人に強引に連れられてアニメの第一話の舞台となる王宮での夜会に参加する。もちろん『脇役』として、極力目立たないようにするつもりだった。
ところがなぜかヒーローである王太子が最初のダンスに誘ったのは、ヒロインではなくアリスだった……!? ※逆ハーものですが、最終的には一人とくっつく予定です。

小説を読む →
レビュー・コメントを見る →

悪役令嬢の兄に転生したので何とかしてみる

妹と王子が婚約するという話を聞かされた主人公は、前世の記憶を思い出す。
ここって、前世の妹が好きだった乙女ゲームの世界だ!
しかも今世の妹、このままだと悪役令嬢まっしぐらで家ごと破滅エンド!

そうはさせまいと努力する兄の話。 

小説を読む →
レビュー・コメントを見る →

取り憑かれた公爵令嬢

王子様と婚約している、公爵家の長女さんのお話です。
いろいろと好き勝手していた長女さんですが、ある時不意に妙な声が聞こえるようになりました。それは自分にしか聞こえない声でした。その声は言うのです。
『2年後、王子の逆鱗に触れ、嫌われてしまうでしょう』
長女さんは信じませんでした。無視しました。忘れました。
その結果、見事に王子様から嫌われ、婚約破棄を言い渡されました。
そんな長女さんが、自分にしか聞こえない声に導かれ、改心しようとするお話。

……かもしれない。

※本編完結済み。現在、日曜朝6時に番外編・後日談を更新しています。
※感想などいただけるととても嬉しいです。批判などでも! ご意見・ご感想などあれば是非よろしくお願いいたします。

15/10/8 恋愛要素があまりに薄いためにジャンルを変更いたしました。
15/12/15 完結しました。

※アリアンローズ様より書籍化されました。
16/3/12 1巻が発売されました。こちらもよろしくお願い致します。

小説を読む →
レビュー・コメントを見る →


< Home