なろう廃人のすすめ なろう廃人のすすめ

さすがに武器を持ってお店に突っ込めば退学にしてくれるよね!ねえ!!

小説を読む →

荻野広樹は普通の一般高校生だ。いや、もう過去形で『一般高校生だった』になる。

ちょっとの勘違いから彼は一般ルートから道を外れて、政府が建てた学園、『戦闘学日本支部』に転校することになった。

その学園には変わった教育課程があり、一カ国にひとつずつ建てられてる学園だ。

入学できる条件として、絶対に必要とされるのが『戦闘力』を持っていることである。

彼がこれから起こすのは彼にとって都合の良い勘違いのオンパレード。
本人が知らない間に周囲は勘違いを加速させて、彼は『戦闘学日本支部』最強の一人として勘違いされる。

『シリアス』×『ギャグ』

「中退を受け付けないってなんだよ!学校案内には認めるって記載されてるじゃん!え?俺だけは特例だって、そんなの認めるか!ああ、わかったよ。なら任務中に仲間や一般人に銃とか向けたり、器物破損でもなんでもやって退学になってやる!だってまだ死にたくないんだよ!」

小説を読む →
レビューする →

そこそこ

+
2

-
7

https://ncode.syosetu.com/n5658et/ これじゃないと開けないかも

+
2

-
0



Home