なろう廃人のすすめ なろう廃人のすすめ

【現地主人公】のおすすめ小説4個紹介!

1位 冒険者ギルドが十二歳からしか入れなかったので、サバよみました。

 ―――これは一人の子供が、冒険者になる物語。

みんなのコメント
小説を読む
2位 俺のメガネはたぶん世界征服できると思う。

エイルは「メガネの素養」を言い渡される。
メガネ?
意味がわからない。
しかしエイルは、少しずつ、この「メガネ」が持つ数多の可能性を見出していく。
「これ、もしかしたら『メガネ』で世界征服できるかもなぁ。やんないけど」
メガネ少年エイルの奇妙なメガネ生活が始まる。

小説を読む
3位 魔術師クノンは見えている

「英雄の傷跡」と呼ばれる呪いを受け、視覚を失って生まれたクノン・グリオン。
視界どころか生きる意味さえ見えない彼は、無気力な幼少期を送っていた。
そんなある日、身体に水の紋章が浮かび上がり、魔力があることが判明する。
だからどうした。
魔力があろうと、魔術が使えようと、見えないことには変わりない。
クノンには相変わらず生きる意味が見えなかった。
そんなクノンを、そんなつもりのない思いがけない一言が覚醒させる。

小説を読む
望まぬ不死の冒険者

辺境で万年銅級冒険者をしていた主人公、レント。彼は運悪く、迷宮の奥で強大な魔物に出会い、敗北し、そして気づくと骨人《スケルトン》になっていた。このままで街にすら入れないと苦悩した結果、彼は魔物の存在進化の事を思い出し、とりあえず肉のある体を手に入れることを目指して、迷宮で魔物を倒していく。

小説を読む
これも好き? 【 チートもの 】


< Home