なろう廃人のすすめ なろう廃人のすすめ

【現代もの】のおすすめ小説5個紹介!

1位 お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件

 藤宮周(あまね)の住むマンションの隣には、学校でも一番の人気を誇る愛らしい天使が居る。
 天使と呼ばれる程の美貌を持った優秀な少女――椎名真昼と、特に目立つこともない普通の生徒である周は、隣人といえど今までもこれからも関わる事もないと、思っていた。
 雨の中、ずぶ濡れになった天使と出会うまでは。
「借りは返します。ところで、お部屋片付けた方がいいですよ。ひどい有り様でした」
「余計なお世話だ」
 傘を押し付けたことから始まる、ちょっと言葉がきびしい天使様との関係。
 風邪を引いてしまい看病してもらったり、不摂生をとがめられご飯を作ってもらったり、共同作業(部屋のお掃除)をしたり、二人でお出かけしてしまったり。
 最初は素っ気なかったものの次第に甘えるようになる真昼と、最初はめんどくさがりの事なかれ主義だったのにいつしか懐に入れてしまうようになった周。
 これは、素直ではない二人の歩み寄りのお話。
※GA文庫様より書籍化いたします。

みんなのコメント
hello guos 9128738517
小説を読む
2位 中年サッカー

受験戦争、就職氷河期と夢なき世界を過ごし、FXで失敗し、仕事を選ぶ余裕もなく親の伝手で月給138000円の仕事に就いた中年、天城大輔。
才能がない自分はなにをやっても駄目だと人生をあきらめていたが、実はサッカーの天才だった。
42歳にしてその才能が開花する。

小説を読む
3位 星をひとつ貰っちゃったので、なんとかやってみる

■2018年8月31日 「新・星をひとつ~」2巻発売します。無印「星をひとつ~」は全4巻です。(共にNMG文庫)
俺は惑星をひとつ貰った。正確には【星の守護者】というものになった。  俺はこの星を自由にしていいそうだ。開発をしてもいいし、資源を売り払ってもいい。他の星から移住させてもいいらしい。この星の住人として暮らすか、神として君臨するか。好きにしていいんだから、いろいろやってみることにする。

小説を読む
素人おっさん、転生サッカーライフを満喫する

【書籍化が決まりました】
サッカー好きな中年サラリーマンは、不幸な人生を歩んできた。
小学生の時の交通事故で、自分の右足と家族全員を失った。生きる希望を貰ったサッカーチームの応援。そのチームも消滅の日を迎えた。
だが、おっさんに人生をやり直す奇跡が訪れる。転生サッカーオタクの記憶を駆使して、サッカー業界に大旋風を引き起こす。
【第6回ネット小説大賞受賞】ツギクルブックスから2018年6月9日に発売!

小説を読む
プニキとはじめるリーグ運営 ~野球ゲーム?作って運営します~

世界一面白いゲームと騙されて100エーカーの森=プニキに挑んだ主人公は気づく。「この要素があれば理想の野球ゲームが作れる!」(第18部)。天才的なプログラマーにして残念な引きこもり従姉と共に進めるゲーム開発。集まる仲間、資金調達に法人化、気づけば会社の代表に(第25部)。スポンサー集め、クラウドファンディング、メディアへの露出、VR対応、ベータテスト(第48部)。サービスインしてからも課題は山積み。果たして代表社員兼雑用係は、このゲームを何十年と存続させることができるのか?

この作品は「カクヨム(https://kakuyomu.jp/works/1177354054882911040)」で連載したものを加筆修正するものです。またカクヨムにおける100話(こちら版では第55部)以降はなろうのみで公開します。

みんなのコメント
 「面白い野球ゲームを作る」という芯がブレない、安心感のある作品です。魅力的な展開や世界観に引き込まれていき、「主人公たちが作ったゲーム『ケモプロ』で遊んでみたい」と思わされます。時間を忘れて読書に没頭したい方におすすめです。
小説を読む
これも好き? 【 伏線がすごい 】


< Home