なろう廃人のすすめ なろう廃人のすすめ

【恋愛】のおすすめ小説31個紹介!

1位 お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件

 藤宮周(あまね)の住むマンションの隣には、学校でも一番の人気を誇る愛らしい天使が居る。
 天使と呼ばれる程の美貌を持った優秀な少女――椎名真昼と、特に目立つこともない普通の生徒である周は、隣人といえど今までもこれからも関わる事もないと、思っていた。
 雨の中、ずぶ濡れになった天使と出会うまでは。
「借りは返します。ところで、お部屋片付けた方がいいですよ。ひどい有り様でした」
「余計なお世話だ」
 傘を押し付けたことから始まる、ちょっと言葉がきびしい天使様との関係。
 風邪を引いてしまい看病してもらったり、不摂生をとがめられご飯を作ってもらったり、共同作業(部屋のお掃除)をしたり、二人でお出かけしてしまったり。
 最初は素っ気なかったものの次第に甘えるようになる真昼と、最初はめんどくさがりの事なかれ主義だったのにいつしか懐に入れてしまうようになった周。
 これは、素直ではない二人の歩み寄りのお話。
※GA文庫様より書籍化いたします。

みんなのコメント
真昼がめっちゃ可愛い。以上。
小説を読む
2位 薬屋のひとりごと

薬草を取りに出かけたら、後宮の女官狩りに遭いました。

花街で薬師をやっていた猫猫は、そんなわけで雅なる場所で下女などやっている。現状に不満を抱きつつも、奉公が明けるまでおとなしくしていようと思うのだが、彼女の好奇心と知識はそうはさせない。

ふとした事件を解決したことから帝の寵妃や宦官に目をつけられることになる。

早く市井に戻りたい、猫猫はきょうも洗濯籠を片手にため息をつくのだった。

旧蛇足編は、薬屋番外編のほうにおいてあります。

書籍化されました。
レイブックスさんにて全一巻、ヒーロー文庫さんで現在七巻まででております。文庫版一巻はレイブックス版の一巻をもとに加筆修正しております。

ビッグガンガンさんとサンデーGXさんでそれぞれ、コミカライズ連載中です。

みんなのコメント
猫猫がかっこいい。これは惚れる
小説を読む
3位 指輪の選んだ婚約者

見た目と中身の一致しない美貌の騎士様と、刺繍に没頭していたい淡々としたお嬢様の、のんびりほのぼのした契約的婚約ライフのお話。(本編完結、たまーーーに番外編更新)

※一迅社アイリスNEOから2016/9/30に書籍版が出ました。2~5巻も発売中です(書き下ろしました)
※2018/11/06からFlosComicでコミカライズが始まりました!

みんなのコメント
サッパリした感じで、ヒロインが受け身体制じゃないところが好きです!ストーリーも良くて、胸キュンも味わえるし、よき
小説を読む
払暁

「賭けでもするか?」

戦場にてうっかり言った言葉を本気にされてしまった。
騎士と男装魔術師の、双方の思いがすれ違う。試練と葛藤の話。

みんなのコメント
正直言って泣いた。主人公の葛藤が上手く表現されていて面白い。
小説を読む
Unnamed Memory

【電撃の新文芸より1巻発売中】
「貴方がその剣の持ち主で、私が魔女である限り、いつか貴方は本当に私を殺さなければならないかもしれませんよ」 幼い頃、子供が残せないという呪いを受けたファルサスの王太子オスカーは、二十歳になった時、大陸最強と言われる魔女ティナーシャを訪ね、その解呪を願う。それを切っ掛けに彼女を守護者として連れ帰ったオスカーは、契約が切れるまでの一年間、ティナーシャの過去に関わる因縁に、そしてもっと大きな運命に巻き込まれて行くこととなる。 ※自サイト転載。《memoriae 1654~1655年》本編完結・Sidestory移転中。

みんなのコメント
これはほんとに良い 久々に恋愛もののストーリーが面白いと思った
小説を読む
旦那様は魔術馬鹿(ワーカーホリック)

 優れた魔術の使い手を多く輩出する名家に嫁いできたエルネスタは、夫であるロルフには見向きもされなかった。研究馬鹿と言われている、私生活も研究に情熱を注ぎ込んでいるロルフ。両親の都合で結婚こそしたものの、その関係は名前だけのものとなっていた。
 そんなある日、届いた荷物をロルフの所に届けようとした事から、状況は変わる。とある事で大切な荷物を壊してしまったエルネスタは、旦那であるロルフに興味を持たれる事になる。
「これを壊した責任は取って貰おう、研究に付き合え」
 エルネスタに特別な力がある事を見抜いたロルフは、そう言って……。
 これは研究馬鹿やら魔術馬鹿と呼ばれるワーカーホリック気味な旦那様と、自分に自信のない奥さんが少しずつ打ち解け歩み寄っていく物語。
【2016年3/12本編完結】
第四回一迅社文庫アイリス恋愛ファンタジー大賞で大賞を受賞しました。一迅社アイリスNEO様から全二巻発売中。

小説を読む
魔法使いの婚約者

剣と魔法の世界に転生したこの私。復活した魔王、聖剣に選ばれた勇者―――――そんな王道ファンタジーが繰り広げられる中で、与えられたポジションは魔法使いの婚約者。(※一迅社アイリスNEO様より、書籍版1~7巻発売中(1巻フィリミナ編~庭師編加筆修正+書き下ろし短編、2巻妻編、3~7巻全編書き下ろし)です。また、webコミックレーベルであるFLOSコミック様にてコミカライズ版連載中、1~2巻発売中です。こちらもよろしくお願い致します)

小説を読む
忘却聖女

アデウス国の聖女マリヴェルは、何の変哲もない、いつも通りの朝を迎えたと思ったら皆に忘れられていた。
衣食住全てを失った聖女は、ただ一人聖女を忘れていなかった神官と共に再び神殿を目指す。

みんなのコメント
ひたすらに面白い。主人公がとても良い性格をしている。読んでて不快になるところが無い。素晴らしい。物語としての面白さも、会話劇の面白さもある。テンポがいい。主人公以外も良い性格をしている。良い。
小説を読む
高飛車皇女は黙ってない

 王子と可憐な男爵令嬢、そしてその仲を引き裂く悪役令嬢役の公爵令嬢。そんなありふれた乙女ゲーム風の世界を切り裂くように、一人の絶世の美少女が降臨する。「おだまりになって」圧倒的な存在感を放つ美しい少女はどうやって事態をおさめるのか? お花畑ヒロインである男爵令嬢を、扇子で顎クイしながら少女が語る道理とは?
 クローディアの前に立ちふさがるのは砂糖菓子令嬢や泥棒猫。それらを薙ぎ払いながら進み、彼女が手に掴みたいものとは何なのか? グリーク帝国皇女であるクロ―ディア・グリークの進撃は止まらない!!
 R15、残酷な描写ありタグは保険です。
 本編完結しました。番外編をぽつりぽつりと投稿予定です。

小説を読む
森のほとりでジャムを煮る

◆カドカワBOOKS様より書籍化しています◆
1、2巻発売中(WEB収録分に加筆修正)※書き下ろしの3巻は2019年3月9日発売です!
【書籍化に伴う削除・改稿等はありません】

休日出勤中の事故で異世界に招かれたらしい私。魔法や妖精が存在するこの世界で、せっかくだからアナログ生活を満喫させていただきます。
黙っていれば雰囲気美人、脳内はかなり身も蓋もないアラサー女子(魔力なし)がジャムを煮たり、親切な人たちと交流したりしながら、恋をするお話。
※ サブタイトルの人の視点で進みます
※ シリーズの小話が別話であげてあります(タイトル上のリンクをご利用ください)

2016.7.14 完結しました。ありがとうございました!
※本編完結済み。後日談を短期連載(2019年3月1日~)

小説を読む
聖女二人の異世界ぶらり旅

※コミカライズ連載中! コミックス1巻が10月発売!
B's-LOGとFlos-comicにて
※書籍化しました! 2018年10月10日、3巻がカドカワbooksより発売!
(旧題名;聖女二人ぶらり異世界旅)

千春と真紀は同期で社会人三年目。この春見事にふられました。やけ酒飲んだら二人一緒に異世界召喚。瘴気の浄化をするだけの簡単なお仕事です。

こうなったら、しかたがない。酒とおいしい食べ物、できれば浮気しない彼を求めて。

二人のぶらり異世界旅、始まります。

小説を読む
腹ぺこな上司の胃をつかむ方法~左遷先は宮廷魔導師の専属シェフ~

若くして宮廷魔導師になったヴィルフリートが上司ににらまれ飛ばされた先は、変人の巣窟「ただ飯食らい」の第二特務室だった。
成り行きでそんな変人達の頂点である室長エステルの専属シェフに任命されてしまい、仕事逃亡の阻止や餌付けに精を出す日々が始まる。
気がつけば本職より板につき始めているエステルの料理人業兼従者業。最初は不満だったのに段々満更でもなくなりつつある状況に困惑し始める。こんなことで夢の筆頭魔導師になることはできるのか。
これは苦労人ヴィルフリートが、はらぺこの上司エステルのお世話を焼きつつなんだかんだほだされていくお話。本編完結済み。

小説を読む
紅の死神は眠り姫の寝起きに悩まされる

 のどかな農業国フロイトの王女アマリリス――リリスは病弱なためによく眠り、人々から〝美しきフロイトの眠り姫〟と呼ばれている。
 しかし、病弱設定は表向きのもので、リリスは不思議な力を持っているのだ。
 リリスが眠りの中で見る夢は、過去・現在・未来の出来事であり、それは遠い地であったり、異なる世界のものであったりする。
 そして、その夢で知識を得たリリスの助言もあり、ここ数年でフロイト王国は多大な発展を遂げていた。
 だがそれに目をつけた隣国フォンタエ王国のフロイト侵攻計画を夢で見たリリスは、強大な軍事力を持つエアーラス帝国に同盟を求め、〝紅の死神〟と異名をとる皇太子ジェスアルドの許へ嫁ぐことを決意した。
 幼い頃から呪われた皇子と呼ばれ、全てを拒絶するジェスアルドは妃となったリリスにも冷たく当たる。
 そのため、故郷を遠く離れたエアーラスの地で、リリスは泣き暮らすことに……なるはずもなく、その性格と知識でジェスアルドをはじめとした周囲を振り回していく。
※主婦と生活社様「PASH!ブックス」より書籍発売中です!

小説を読む
妻を殺してもバレない確率

☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆
何の運命のいたずらか、本作が第五回ネット小説大賞のグランプリを受賞し、宝島社様より書籍化いたしました。
本作と書き下ろし6編を詰め合わせたオムニバス作品となっております。
本屋で見かけた際にはよろしくお願いいたします^^
これも皆様の応援あってのことです。本当にありがとうございました!
☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆;+;。・゜・。;+;☆

条件を入力すれば自宅のパソコンで簡単な未来予測が出来るようになったのはもう15年も前の話。様々な用途で使用されるソレを僕も例外もなく使わせてもらっていた。

『妻を殺してもバレない確率』

 僕はもう10年もその確率を見つめ続けてる。

小説を読む
ドラゴンと王子の結婚生活

【2018.8/10KADOKAWA様より書籍化】

浮気されて婚約破棄、さらには体がドラゴンと入れ替わり捕まってしまった子爵令嬢のニナ。
そんなどん底のニナを、妻にして助けてくれたのは第二王子だった。
外見はいかついが中身は乙女なドラゴンが、人間と同じような行動をして騎士隊員たちに驚愕されつつも、優しい(少し腹黒な)王子と過ごすほのぼの結婚生活。

みんなのコメント
ドラゴンと結婚する決断をした王子は凄いです!!
小説を読む
魔法薬師が二番弟子を愛でる理由〜専属お食事係に任命されました〜

カドカワBOOKSより書籍化
8/10第二巻発売
B's-LOG COMICにてコミカライズ連載中
書籍第二巻と同じく8/10に単行本第一巻発売

魔憑きであることを隠して生きてきたわたし、リリアナ・フローエ。
ひょんなことからそのことが貴族であらせられるジルヴェスター・ブライル様にバレてしまった!
そしてなぜか魔法薬研究所のお世話係をする羽目に。
え、わたしブライル様の弟子なんですか?
一癖も二癖もある貴族とその仲間たちに囲まれて、今日もおいしいごはんを作ります!

書籍化に伴い、タイトルを変更致しました。
旧【魔法薬師は今日も二番弟子を愛でる】

小説を読む
魔法のパンをめしあがれ

どうも、半崎悠介です。高二です。修業中の魔法使いからパンを買ったら、それからいろんな体験をするはめになりました。ゲーム漬けの平和な日々に、波乱が起こりそうです。
あ、その魔法使い、エリーっていうんですけど、将来の夢は魔法のパンで世界を平和にすることらしいです。パン作りの腕は一流だけど、肝心の魔法が失敗ばっかりで。気づくと俺、毎回振り回されてます。
けど、最近だんだんエリーのことが気になってきて……どうしたらいいんでしょうか。

小説を読む
プロミステイク ~俺と彼女の中二病的恋愛遊戯~

新学期。・・・新しい教室。新しいクラスメイト。
俺は一人の美少女に出会う。
しかし彼女は…重度の中二病だった!
「くくく…まさかお前もこの世界に転生していたとはな…久しぶりだな。僕の事、覚えているか?」
いや、初対面だから…。
まさか数年前のあの事がフラグになって今頃イベント発生かよ?!
彼女によって俺の平凡で平穏だった日常が徐々に掻き乱されていく…

ちょいエロ風味のライトノベルっぽい作品のノリで書いております。
一応、思春期以降の男性の方々が対象の内容です。
残酷な描写無し。鬱展開無し。ご都合主義の甘々展開。自分の中では純愛物のつもりなんですが・・・ちょっと変態っぽい?
話数が進むにつれてえっちぃ描写が増えていきます
『直接的な描写はせず、オブラートに包んだような表現で、しかしねちっこく』を指針として書いております。R15指定はしてませんが、苦手な方はご注意下さい。

小説を読む
恋愛小説

恋することが、わからないから

みんなのコメント
切ないッッッッ!!! だがそれが良いッッッッ!!!!
小説を読む
【書籍化&コミカライズ】偽聖女と虐げられた公爵令嬢は二度目の人生は復讐に生きる【本編完結】

【秋田書店様 どこでもヤングチャンピオン様にてコミカライズ連載中】
【2022年 7月 ベリーズファンタジー様にて書籍発売】

「婚約破棄だ!!!」

 好きな男性と無理矢理引き離されて、婚約したはずだった第一王子に公爵令嬢リシェルは一方的に婚約を破棄される。

 無実の罪を押し付けられて。

 リシェルには本来別の婚約者がいた。
 心に決めた婚約者が。
 けれど少女リシェルに、「聖女」の神託が降り、彼女の人生の歯車は大きく狂ってしまう。
 無理矢理愛しい人との婚約を解消され第一王子ガルシャの婚約者とされてしまうのだ。

 それなのに現実は残酷で。
 リシェルは聖女の力を使えず、聖女の力が使える少女マリアが現れてしまった。

 リシェルは偽聖女の烙印を押され、理不尽な扱いを受けることになるのだ。

 愛しい人を聖女マリアに奪われ。

 マリアと王子の失策を背負わされ拷問に近い暴力の末。
 親しい人たちとともにリシェルは断頭台へと送られ殺される。

 罪状らしい罪状のないまま執行される死刑に。
 リシェルは誓う。

 悪魔に魂を売ってでも怨霊となり末代まで祟をーーと。

※番外編はじめました→https://ncode.syosetu.com/n2164fv/

【注意】以下ネタバレです【物語の核心ネタバレ注意】

※よくある逆行もの。前世の知識で俺tueeeのご都合主義テンプレ。
※ざまぁもありますが主軸は一人で何でも背負ってしまうヒロインがヒーローに心を開いていく過程の恋愛です
※人を頼る術を知らなかった少女がヒーローと出会い人に頼る勇気をもち、今世では復讐を果たすお話
※10万字ちょっとで完結予定
※アルファポリス様にも投稿しています

小説を読む
悪役令嬢はしゃべりません

リリアナ・アレクサンドラ・クラークは、六歳の時に流行り病に罹って高熱を出した。目覚めた時、彼女は前世の記憶を取り戻し、そして声を失っていた――。

あら、わたくし、リリアナ・アレクサンドラ・クラーク? 前世でやった乙女ゲームの悪役令嬢ではございませんか。

どのルートを進んでも待ち受けるのは身の破滅、絶対に回避はしたいけれど、すでに王太子の婚約者候補になっておりますわ。このまま喋れなければ、婚約者候補から外される――それならば、決して喋らず魔術を磨いて、破滅ルートを回避してみせましょう。

そう決意したリリアナは婚約破棄を狙うが、次々と事件や陰謀に巻き込まれてしまう。チートな魔力と知力を最大限に活用して解決するものの、迫る不穏な影は平穏な人生を許してはくれない。本当に婚約破棄をすれば身の破滅は避けられるのか。どれだけ足掻いても、乙女ゲーム通りに物事は進んでしまうのか――?

事態は乙女ゲーム通りに進んでいるのか、それとも“ただそう見えるだけ”なのか。

※グロかったり倫理観ぶっ飛んでたり常識が迷子になったりシリアスが続きますが、最終的にはハッピーエンド。恋愛要素は薄味。

※完結まで全て予約投稿済み。文字数は予約投稿分を含みます。

小説を読む
【完結】婚約破棄、承りました。わたくし、他国で幸せになります!

ごきげんよう、わたくし人を殺めてからの自殺コンボをかましてしまう予定の公爵令嬢ですの。
でもたくましく生きた女性の人生を思い出し、そんなのごめんだと思いました。
何故わたくしを蔑ろにする者達のせいで自分の人生を捨てなければならないのかと。
幸せを探して何が悪いのでしょう。

さぁ、いらない国は捨てて、大切な家族と新天地で暮らします!

※二日に一回更新予定です。
※暴力的・残酷な描写は予告なく出てきます。
※小説家になろう、アルファポリス、カクヨムに掲載中です。
※三十話完結予定。

小説を読む
呪われ侯爵の秘密の花~石守り姫は二度目の幸せを掴む~

石の声を聞くことができる伯爵令嬢のエオノラは婚約者と従妹の浮気現場に遭遇する。
失意の中、屋敷を飛び出し気づくと、呪いで醜い容姿に変えられたという侯爵の屋敷前に立っていた。侯爵の顔を見た人間は死んでしまうと言われていて、急いで引き返そうとするも助けを求める石の声が聞こえてくる。
居てもたってもいられなくなって中に入ると、番犬代わりの狼や見目麗しい青年・クリスと出会う。
エオノラは侯爵が自室に引き篭っているものだと思っていると、クリスが自分は侯爵だと言ってきて――。

えっ、顔を見ても死なないどころか、私には侯爵の本当の姿が見えているの!?
一体どうして!?
果たしてクリスの呪いとエオノラの恋の結末は?

※カクヨム、ベリーズカフェでも投稿中。

小説を読む
【完結】その日、私は全てを失った〜辺境に嫁いだ結果、溺愛されています!?〜

ウェンディ・デイナントは婚約者と幸せな未来を夢見ていたが突然……姉のジャネットに婚約者のフレデリックを寝取られてしまう。
泣き寝入りするような形で辺境へと嫁ぐ事に。
ゼルナは変わり者でいつも仮面を付けているらしいが、結婚生活は前途多難!?
会話すらままならないのに平民のような生活をしなければならずに四苦八苦!!
けれどその関係性も変わり始めて、ついには……?

*カクヨム、アルファポリスでも掲載中

小説を読む
【書籍化・コミカライズ】砂漠の国の雨降らし姫〜前世で処刑された魔法使いは農家の娘になりました〜

 アレシアは『眠っている時に雨を降らせる力』を持っている。
両親はそんなアレシアを守るために大変な努力をして娘の力を隠していた。
ある日、アレシアは自分の前世での記憶が甦る。アレシアは昔、水系魔法に秀でた魔法使いアウーラだった。国のために前線で戦い、国王との婚姻も決まっていた。しかし、謀略による冤罪で二十三歳の時に処刑されてしまう。
そんな前世だったからこそ、今世では名誉や地位よりも平凡で穏やかな暮らしを守りたい、誰かの役に立ちたいと願う。
眠ると雨を降らせる女の子アレシアが前世での後悔を踏まえて人に優しく前向きに生きていくお話です。
少女時代から成人までの長期間が描かれます。
ゆったりした展開です。

◆GAノベル様より2022年5月13日頃発売開。コミカライズも進行中。

小説を読む
【書籍化・コミカライズ】無自覚な天才少女は気付かない~あらゆる分野で努力しても家族が全く褒めてくれないので、家出して冒険者になりました~

 各分野のエキスパートである両親と兄姉5人を持つリリアーヌ・アジェットは幼いころから家族から最高水準の教育を受け続け、15歳になった今ではあらゆる分野で天才と呼ばれている。
 しかし家族が全員「この子はこんなに可愛い上に素晴らしい才能もあるのだから、自分くらいは心を鬼にして厳しいことを言わないとわがままに育ってしまうだろう」とそれぞれ思っていたせいで、一度も褒められた事がなかった。
 ある日突然遠縁の少女、ニナが事情があって義妹となったのだが、いくら頑張っても自分を認めてくれなかった家族が全員ニナには惜しみなく褒め言葉をかける様子を見て絶望したリリアーヌは書置きを残して姿を消した。
(ここまでが第8部分)

 新天地で身分を偽り名を変えたリリアーヌだが、家族の言う「このくらいできて当然」という言葉を真に受けて成長したため信じられないくらいに自己評価が低い。「このくらいできて当然の最低レベルだと習いましたが……」と、無自覚に周りの心をボキボキに折っていく。
 残された家族は「自分を含めた家族全員が一度もリリアーヌを褒めたことがなかった」とやっと気づくのだが……
【コミカライズ進行中】

小説を読む
魔力量歴代最強な転生聖女さまの学園生活は波乱に満ち溢れているようです~王子さまに悪役令嬢とヒロインぽい子たちがいるけれど、ここは乙女ゲー世界ですか?~

 転生した。孤児だった。崖っぷちギリギリライフを営んでいたら聖女に選ばれた――なんで?

 でもまあ、暖かい寝床とご飯がきっちりとあるのは有難い。

 後ろ盾である公爵さまの計らいで後学の為にと、貴族の子女が多く通う王立学院の入試を受け無事合格となる。孤児仲間兼幼馴染の二人は騎士科へ。私は普通科の筈だったのに何故か特進科へ転科した。理由は、試験で歴代最高得点の次点を叩き出したからだそうだ。そうしてもう一人、可愛らしいピンクブロンドの少女が歴代最高得点を獲得した、と。

 聖女という役職持ちではあるものの平民の私が簡単に彼ら彼女らに受けいれられることはあるのだろうか。――なんだか王子さまに公爵令嬢、他にも近衛騎士団長の息子に魔術師団の息子に王子さまの側近にetc……私が進む学年ってなんだか高位貴族の子女が多く所属してません? しかもピンクブロンドの女の子は平民だっていうのに彼らと距離、近くない? なんだか乙女ゲーのようなことをしているなあと眺めていたら、彼らの婚約者さまたちのオーラがすんごいことになってるんだけれどもっ!?

 ※異世界学園モノが書きたくなったので書いて投げました。一次創作は初投稿になりますので、お手柔らかに。ご意見ご感想お待ちしております。

 ハーメルン様にも『セレブリティームーブが止まらない~王立学院は本日も平和です~』というタイトル名で投稿しております。
 カクヨム様にもなろう様と同タイトルで投稿を始めました。

小説を読む
前世(元)親友、今世義妹が、全力で私を潰しにかかってきたので、今世は返り討ちにしても良いですか?

親友と婚約者に裏切られ、気付いたら死んでいたミリヤ。生まれ変わった先は侯爵令嬢だったのだが……前世の記憶を取り戻した日に、義妹から聞かされたのは、王太子の婚約者の変更。このままだとミリヤは王太子から60歳超えの女好き伯爵に嫁ぐことになってしまう。
よくよく観察すれば、義妹は前世で裏切った親友(元)で、またも幸せを全力で邪魔してくるつもりのようだ。
父の愛も、婚約者の愛も、侯爵家令嬢としての誇りも全てを失ったミリヤは、家を出る事を決意する。
助けを求めたのは、母の兄が当主を務める公爵家。
愛されることで傷を癒やし、人としての誇りを取り戻していくミリヤ。
変わっていくミリヤに驚いたのは、捨てた婚約者と元家族。
そちらが先に捨てたのだから、私も捨ててやる……と決意する。
切り替えたミリヤは強かった。
ここから始まる、ミリヤの快進撃。今更謝ろうが泣こうが知った事ではありません。
捨てるなら、捨てられる覚悟もしろ。
ミリヤは止まらない。
今世では必ずこの手に幸せを掴み取ってやる。

小説を読む
この度、双子の妹が私になりすまして旦那様と初夜を済ませてしまったので、私は妹として生きる事になりました

伯爵令嬢のアンネリーゼは侯爵令息のオスカーと結婚をした。籍を入れたその夜、初夜を迎える筈だったが急激な睡魔に襲われて意識を手放してしまった。そして、朝目を覚ますと双子の妹であるアンナマリーが自分になり代わり旦那のオスカーと初夜を済ませてしまっていた。しかも両親は「見た目は同じなんだし、済ませてしまったなら仕方ないわ。アンネリーゼ、貴女は今日からアンナマリーとして過ごしなさい」と告げた。

そして妹として過ごす事になったアンネリーゼは妹の代わりに学院に通う事となり……更にそこで最悪な事態に見舞われて……?

*この作品はアルファポリスにも掲載してます。

小説を読む
【書籍化決定】今まで馬鹿にされ続けていた気弱令嬢に転生した〜平民になって自由に生きようとしたら、とんでもないことになった話聞く?〜

【6月下旬発売】
彼女は兎に角、気弱で自分の意見を言うのが苦手。
婚約者が浮気していたって、友達から利用されたって、両親から蔑ろにされたって、妹から馬鹿にされたって……彼女はただ柔かに笑ってる。

そんな前世を思い出したジュディスは、ポトリと持っていた本を地面に落とした。
何故、私がジュディスになったのかは分からない。
ただ一つ言えるのなら……今日この瞬間からジュディスはジュディスではなくなるという事だ。

(……ジュディスの事はジュディスが決める。そうでしょう?)

アルファポリス、カクヨム連載中
(偉そうな気の強い主人公が苦手な方はご遠慮下さい、ご都合主義で進行中)

小説を読む
「お前が代わりに死ね」と言われた私。妹の身代わりに冷酷な辺境伯のもとへ嫁ぎ、幸せを手に入れる

妹ばかり愛され、家に居場所のなかった私。
ある日、王命により、妹への縁談が舞い込む。
相手は冷酷と噂される辺境伯で、父母と妹はそれを拒んだ。
しかし王命には逆らえず、妹の代わりとして、私が嫁ぐことになり――

小説を読む
これも好き? 【 料理もの 】


< Home