なろう廃人のすすめ なろう廃人のすすめ
お気に入り
アニメ化作品

完結済み小説 のおすすめ【23件】

2015/04/03 に更新

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうやら異世界に転生したらしい。
 彼は誓う、今度こそ本気だして後悔しない人生を送ると。

2015年4月3日23:00 完結しました

9件 : みんなのコメント

小説に感動する→アニメ見る→アニメの先をまた読みたくて小説を読む→アニメ見る.....

アニメ2期、楽しみ。

refresh

En

3年前に更新

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた!
え?…え?何でスライムなんだよ!!!などと言いながらも、日々を楽しくスライムライフ。
出来る事も増えて、下僕も増えて。ゆくゆくは魔王でも目指しちゃおうかな?
そんな、どこかずれた天然主人公の異世界スライムライフです。
※本編完結済み。
 番外編は、人によっては蛇足。

expand_more
5件 : みんなのコメント

キャラが立っていて、戦闘が面白く、スキル獲得して急速に強くなっていくのが爽快で、内政や外交要素もあって、
およそ転生系のテンプレ要素が全て高レベルに入っている小説なのではないか。

refresh

En

3ヶ月前に更新

 クリシェ=アルベリネア=クリシュタンド――アルベラン王国将軍。
 当時追い詰められたアルベランを持久させ、その後の広範な版図拡大、大陸統一の中心となった人物。軍事史上最高の天才として語られ、彼女の魔術的発明は英雄の時代を終わらせた。その絶大な武勲と、現在にも伝わる彼女の魔術的遺産から、現在においても比する者なき英雄として広く知られている。
 反面、彼女が異常者であるという記述も散見され、当時の文献を紐解けばその冷酷さや無慈悲さが至る所に書き記されている。そんな彼女を冷酷なる殺戮者とする見方も多くあり、その実際は――

「えへへ、ベリー、今日は何を作るんですか?」
「そうですね……今日のメインはクリシェ様のお好きなカボチャパイにしましょうか」

 好きなことは料理と食事と甘えること。
 得意なことは人殺し。
 ――少し頭のおかしな少女が優しい人間に囲まれて、幸せを見つけていく。そんな過程を描いたお話。

expand_more
5件 : みんなのコメント

百合百合しい……好きな人は好きだと思います。68話で挫折しました。戦闘シーンと言うか、英雄譚部分がもうちょっと欲しかったなと。もしかしたらここからなのかも知れません。文章的にはかなり読みやすいですし、きっちり書かれている感が非常にいいです。作者さんも好きなものを詰め込んだと仰っているので百合と文学がお好きな方は是非

refresh

En

1年前に更新

 この世は平等ではない。

 グラスになみなみと満ちたぶどう酒を呷る者がいれば、幾度も足踏みされた泥水をすする者もいる。暖かな毛皮に身を包む者もおれば、薄っぺらな襤褸を纏う者もいる。

 この世は幸福ではない。

 生まれた瞬間、人は格差の海に落ちる。金持ちの子、貧乏な子、貴族の子、農夫の子、奴隷の子。奴隷に生れ落ちたが最後、這い上がることを上は良しとしない。

 この世は残酷である。

 誰かの幸せは誰かの不幸せ。一定量の資源(リソース)をめぐり、人は争い、奪い、殺す。生きるとは屍の上で踊ることである。狂え、喰らえ、犯せ、殺せ。

 この世は、地獄である。

 だからこそ人は光を求める。

expand_more
6件 : みんなのコメント

なぜアニメ化しないのか...

refresh

En

2015/04/10 に更新

享年29歳の男――人生をドロップアウトするには早すぎる死だったが、気が付けば領地を持つ上級貴族の息子、ソラ・クラインセルトとして転生していた。
――主人公の両親が統治する場所は、賄賂に横領、重税、領主軍を使っての領民拉致&奴隷化etc……。
眼前に広がるのは、豚領主(父親)によって破滅寸前まで追い込まれた“詰みかけ領地”!
ソラ・クラインセルトはこの状況を巻き返せるのか!?
まさかの二歳児が挑む、領地改革ファンタジー登場。

タイトル、あらすじは書籍版に準拠しました。

expand_more
4件 : みんなのコメント

なろう系を読むなら必須項目 転生して内政をする、主人公はチート無しで賢い

refresh

En

半年前に更新

2017年7月7日。第五回ネット小説大賞にてメディア賞を受賞いたしました。
2018年3月6日(火)宝島社文庫より『名前のない怪物 蜘蛛と少女と猟奇殺人』のタイトルで発売中!
また、コミカライズも決定いたしました!
何卒宜しくお願いいたします!

僕はその怪物に恐怖し、魅了され、そして捕らえられた――。
深夜。部屋に響く物音で目を覚ました僕は恐ろしい〝脚〟に遭遇する。以来、姿を見せずに部屋で存在だけを主張するそいつは、まるで包囲網でも敷くかのように日常を侵食し、遂に僕の目の前に姿を現した。その正体は、あまりにも美しい、『名前のない怪物』だった。必死な抵抗も虚しく、怪物の手に堕ちていく僕。逃げることも逆らうことも叶わず、訝しむ恋人や友人から隠れ潜むかのように、僕と怪物の奇妙な生活が幕を開けた。静かに、人としての感覚が死んでいく僕。崩れていく日常。その先に待つものを知った時、僕は大きな選択を迫られる。
恐怖と謎とエロスが融合した、サスペンスホラー。
絡み付く糸から、「僕」は逃げられるか?

※本編完結! 続章連載中です。

expand_more
1件 : みんなのコメント

東京グールと寄生獣とエルフェンリートを足して3で割った感じ。面白い

refresh

En

4年前に更新

【2019/07/19 二巻が発売されました】
【2019/01/18 Mノベルスより書籍化しました】

第二王子の婚約者争奪戦に敗れた伯爵令嬢カミラ。王子は男爵令嬢を婚約者に選び、世間は二人の恋を運命と祝福した。その一方で、カミラは恋の悪役に仕立て上げられた挙句、罰としてひどく太った醜い男――その容姿から、『沼地のヒキガエル』と呼ばれる辺境の領主アロイスと結婚させられる羽目に。
醜いカエル男の慰み者として、悪役令嬢は悲惨な末路を辿りました――なんてことにさせるもんか! このまま大人しく結婚なんてしない。絶対に痩せさせていい男に磨き上げ、目に物を見せてやるんだから――!
/めげない少女と、見た目と裏腹に理知的な男の、ダイエットと食事と、手のひらで転がしてるんだか転がされているんだかな恋の話。
本編完結済み。

expand_more
4件 : みんなのコメント

悪役令嬢もの好きです この作品は長すぎず綺麗に纏まっているし伏線回収でhappyな気分になれて読後感が良かったので一番好きです オススメ!

refresh

En

4年前に更新

世界は俺中心に廻っている、そんなふうに考えてた時期が俺にもありました。えぇ、そんなことはないんです。世界は金で勝手にクルクルやってるみたいでして、それはもう俺の意思なんて関係なく、日々飽きもせず大回転ですよ。ふとそれに気づき始めたのは高2の夏でして、いくら待っても美少女は降ってこない、どこぞやの組織に拉致されない、授業中にテロリストやってこない、もう俺なんで生きてるんだろう、某涼宮さんじゃないんですけどね、自分の小ささというか現実とかいう糞みたいな物を受け止めざるを得ないなぁなんてそんな悟りを開き始めてた時期だったのですが、俺は勘違いしてたんですね。そういう何かしらのチャンスっていうかオポテュニティ?そういうものがあっちから訪れる訳がないということに気付くんです。ああ、なぜもっと早く気づかなかったんだろう、だけどそれに気づいた俺が歓喜してる暇なんてない。すぐさま行動に移しましたとも。そしたらね、死んじゃいました(笑)   俺、転生。

expand_more
3件 : みんなのコメント

ギャグチートものかと思って読み進めてたら、めちゃ泣いた。

refresh

En

2016/01/22 に更新

醜悪なる姿はゴブリンと呼ばれ、人に狩られるだけの存在だった種族がいた。しかし、ただ一人の王の存在によって彼らは生まれ変わる。
魔物を率いて神々への反旗を翻した王の物語。そして彼を支えた魔物と人間達の物語。

※1章『王の帰還』、2章『楽園は遠く』、3章『群雄時代』、第4章『遙かなる王国』完結。ゴブリンの王国完結いたしました。長らくの応援・感想・評価ありがとうございました。

expand_more
5件 : みんなのコメント

ゴブリン主人公の戦記もの。
一貫してゴブリンなのが良い。(途中で人になるものも多いので。それが悪いわけではないですが)

refresh

En

2年前に更新

普通のサラリーマンである安藤陸(リク)は異世界に飛ばされてしまった。異世界転移といえばチート!スキル!これで俺も無双ができる!?と思いきや、特別な能力はなにもなし。

「一般人は異世界でも一般人か…」とあきらめモードになるが、運命は彼を放っておかない。彼に力はなくとも、出会った人々みんなが特別。みんながすごい。そして何故かみんな勘違いして、リクを過大評価してくる。

「俺より全然すごい人達がどうしてこんな?」と戸惑うも、周りの評価はうなぎのぼりで天井知らず。いったいどこまで、彼は上り詰めてしまうのか??

これはただの一般人の主人公が、周りの勘違いだけで成り上がっていく、そんな物語。
[2021/1/10本編完結済。2021/5/9全エピローグ更新完了済。2021/5/22ショートストーリー追加]

expand_more
3件 : みんなのコメント

主人公の周り無双で他のなろう系とは違った勘違い系の面白さがあります 完結してるのもgood

refresh

En

2017/10/10 に更新

ヒマを持て余した女魔王が、万年レベル1と呼ばれる落ちこぼれショタ勇者を鍛え上げて殺し愛するお話です。
※レジーナブックス様より書籍化済み。契約終了での再掲載です。

4件 : みんなのコメント

不遇な勇者様が、魔王に育てられまくって強くなる。

闘技場で満を持して力を示す展開、マジでめちゃ熱い。

refresh

En

3年前に更新

転生したら頭の中の居候が色々と助言してくるので大丈夫かと思いながら将棋を指し続ける人のお話

4件 : みんなのコメント

絶対負けない鬼最強の主人公を、周りの原作キャラ視点で見れるのが新鮮。

refresh

En

2016/12/23 に更新

ダンジョンを経営することになったはいいものの、ダンジョンは極貧状態。モンスター一匹すらまともに生み出せないような状況にあった。
ならばモンスターは自分!トラップは自分!ついでにダンジョンに眠るお宝も自分!
戦えダンジョンマスター、働かざる者経験値を得るべからず!

これは異世界人の侵略によって元居た世界を失った女子高生が、世界を取り戻すためにダンジョンで戦うダンジョンマスターをやる話です。

*主人公は特に罪の無い人でも積極的に殺しますので苦手な方はご注意ください*

expand_more

En

2016/09/22 に更新

 ミュージシャン志望の青年は、あっさり死んだ。
 しかし気づけば赤ん坊となり、見知らぬ世界で第二の生を受ける。

 口も悪けりゃ態度も悪い。
 情に厚く、思慮は浅く、気ままに、ロックに、異世界転生ライフが今始まる。

 ※下品な言葉が出てきますので嫌な方はご注意を
 ※感想とかあったら一言でもとっても嬉しくなっちゃう作者です
 
 ※2016/9/23 完結しました
 ※後日談のような何かをこちらに書いております → https://ncode.syosetu.com/n7847dn/

expand_more
1件 : みんなのコメント

隠れた名作 評価だけがすべてじゃーない

refresh

En

3ヶ月前に更新

 魔術国家デ・ラ・ペーニャには、魔術の研究機関である『魔術大学』が無数に存在する。
 学内では各分野における教授の指揮の下、新たな魔術や道具を開発すべく、大勢の魔術士が試行錯誤を繰り返していた。

 17歳の少年、アウロス=エルガーデンは最低水準の魔力しか持たない魔術士。
 彼は魔術そのものではなく、魔術が出力されるまでのプロセスを簡易化・高速化する為の論文を作成しようとしていた。

 過去に多くの魔術士が諦め、現在では“一攫千金論文”と揶揄される研究に臨むアウロス。
 才能も愛想もないその少年の揺るぎなき信念は、それぞれに質の異なる闇を抱えた同僚達を巻き込み、やがて大学、そして国家にさえも多大な影響を及ぼす――――

expand_more
1件 : みんなのコメント

主人公が賢い! 作者の文章が秀逸かつ、重厚に練り込まれたストーリーには圧巻。 1人の人間の生き様がそこにあった! 登場人物それぞれに味があって、魅力的だった。

refresh

En

5年前に更新

*ヒーロー文庫より書籍化決まりました。
*月刊少年エースよりコミカライズ決まりました。
山田隆司は雪山で命を落とした──と思ったら、見知らぬ場所にいた。
どうも、ゲームの中の世界らしい。
その割には知らない事が多いけど……困惑しつつも、最強クラスだった能力を保有していた事に安堵し、何とかなるかと楽天的に捉えた。
高位の魔法使い、「賢者」マリウスとして今日も生きていく。

expand_more

En

2015/11/15 に更新

【警告】
・リョナ、拷問などの描写が軽度ながら存在します。
・そこそこ人が死にます。
・それなりに人でなしがいます。
・そういうのがわりと好きです。

『探し物屋』の村雨は、鼻と健脚が自慢の少女。とある事件がきっかけで、美少女をこよなく愛する女剣士、雪月 桜に気に入られてしまう。
「私はな、欲しいものは我慢せんのだ。美酒も美食も、美少女も、な」
傍若無人の桜に振りまわされて、今日も村雨の嘆きがこぼれる。基本は物騒で血生臭く、だがあっけらかんと過ぎる日常のお話。

2015/11/15、完結しました。

expand_more
1件 : みんなのコメント

江戸っぽい世界に魔法が加わったような世界でかなり文章のレベルが高く完結済み
少女は十代半ばの異国から来た灰色の少女と女好きを憚らない黒い髪の女
キャラが立っているし起承転結がはっきりしていて安定した文章も相まって凄く読みやすい
百合物に多くみられる共依存に陥りかけるも互いが互いを思いやり距離を置いて成長していく展開みあり、百合的にも物語的にもすさまじく美味しい
ただちょっと鬱展開がある

refresh

En

1年前に更新

あまりやる気の無い女神、やる気はあるけどなんか酷い主人公。
異世界転生のシステムも最近は忙しくまともな転生先は選べない。
そんなわけで何になるのか、それを決めるのは友人とこれを読んでいる君だ!

※【不定期更新】
 お題を元にショートコントをさせる大喜利みたいなものです。
 お題投稿者の方で名前出しNGの方は記載をお願いします。
 なお純粋な感想だけもお待ちしております、感想の数だけお題だといずれ力尽きますので。
 むしろ普通の感想もください、切に。

※【感想ページにてリクエストの受付を行っております】
 活動報告>肋骨 お題リスト に書かれている注意書きを読んだ上で投稿してください。

※2021/01/15 宝島社より、書籍第一巻が発売しております。

expand_more
2件 : みんなのコメント

とにかく笑える

refresh

En

10日前に更新

【本編完結済み】※2023/1/16に『がうがうモンスター』にてWEB版ベースのコミカライズはじまりました! ※オーバーラップ文庫から出ている書籍はWEB版・コミカライズとは違う流れの物語です。ご注意ください
 北条雄二、30才、無職、引きこもり歴10年。両親の死をきっかけに引きこもり脱却を決意し、家の外に出る。が、そこは見覚えのない景色とファンタジー生物が闊歩する異世界だった。これは家ごと異世界に来てしまった青年が、なぜか繋がるライフラインとネットを頼りに、愛犬コタローとともにわりとのんびり暮らしていく物語。家のまわりの森を探索中に異世界の幼女アリスを保護したユージは、食料確保のために森の開拓に取りかかる。そして異世界転移から4年目、ついにユージは初めての街を目指すのだった。 ※本編完結しました ※IFルートは同シリーズ別タイトルとして引っ越しました ※2015/7/22タイトル修正。「10年ごしに」を「10年ごしの」に修正しました

expand_more
1件 : みんなのコメント

まったり系が好きな方は良いかも。 大きなイベントはなく 年がすぎるのが早すぎ。

refresh

En

2017/08/18 に更新

転生先の世界は巨大な世界樹の上に住居を建てて暮らす世界。
転生者アマネは魔物っぽい虫を狩ったり、家を建てたり、橋を架けたりしつつ、徐々に村を発展させていく。
目指すは摩天楼!

後日談編、開始します。週一回の投稿予定。

4件 : みんなのコメント

ファンタジーなんだけど、小説なんだけど、
「そういう場所が実際にあるかもしれない」と思わせてくれるリアリティが魅力の小説です。

ハリポタを読んだときに「魔法界が本当にあるかも」と感じたり、ダレンシャンを読んだときに「吸血鬼がいるかも」と感じるように、
「世界樹があって、そこに住む人々がいるかも」と感じられる物語かなと。

refresh

En

2014/01/02 に更新

 両親の治療の為に自らを売り奴隷となった黒い髪の少女カルミナは、主の命令により人類未踏の洞穴、自殺洞穴と呼ばれる洞穴の探索者---自殺志願者とならねばならなかった。

 そんな中、訪れた森の中。彼女は一人のエルフと出会う。次第、二人は仲良くなっていく。だが、彼女らに待っていたのは無慈悲な運命だった。

「お願いだから……勝手に私の思い出になんかならないで」

 そう言いながら、心も体も傷付いたエルフと共に彼女は生きる決意をする。

 同じく奴隷であった白い少女との出会いを経て彼女は見果てぬ夢を抱いていく。

 そしていつしか帝国内で噂されるオブシディアンの謎に触れ、この世界の真の姿を知っていく。

「カルミナ、貴女は知っていたかしら?この世界は、この大陸は自殺するのよ」

 世界を作った神様すら嘆き、死に至る世界。
 そんな世界で彼女は見果てぬ夢を見ながら生きて行く。

「また、皆で一緒に……」

 これはそんな彼女の過ごす剣(包丁?)と魔法(鍋?)のはーとふる(?)な物語。

expand_more
2件 : みんなのコメント

素敵な登場者、飽きさせない物語の運び、美しい光景、現実感溢れる出来事、怒涛の出来事の末にある最高の最終話。

refresh

En

5年前に更新

 リルドールは見栄を張るための嘘が原因で落ちこぼれた少女だ。
 自分を見限った周囲を見返してやると無謀にも挑んだ迷宮でも敗北し、挫折しそうになった時――リルドールは出会った仲間をきっかけに【見栄を真実にするための想い】を原動力に【縦ロールを動かす魔法】を得た。

 自分が弱い人間なんだということぐらいは、本当は知っていた。

 一度底辺まで叩き落された少女が、見栄の象徴だった縦ロールをドリルと回し、仲間のために敵を貫き世界を支え、己の吐いた嘘のすべてを真実に変えるまでの英雄譚。

※本編完結済み
※2017.8.31 ヒーロー文庫様より書籍発売されました

expand_more
2件 : みんなのコメント

嘘を本当にする成り上がり作品

refresh

En

4年前に更新

 地の精霊が作ったと噂される世界屈指の巨大洞窟。その最奥を見た者は未だおらず、今なお洞窟は複雑に延び続けている。採掘される宝石を狙って命知らずの冒険者達が挑み続けるダンジョン。その実情は、たった一人の錬金術士と意地汚い精霊によって、やむにやまれぬ理由から作られていた。
(2019.4.30 書籍化)
※カクヨム転載中

expand_more

En

10日前に更新

【本編完結済み】※2023/1/16に『がうがうモンスター』にてWEB版ベースのコミカライズはじまりました! ※オーバーラップ文庫から出ている書籍はWEB版・コミカライズとは違う流れの物語です。ご注意ください
 北条雄二、30才、無職、引きこもり歴10年。両親の死をきっかけに引きこもり脱却を決意し、家の外に出る。が、そこは見覚えのない景色とファンタジー生物が闊歩する異世界だった。これは家ごと異世界に来てしまった青年が、なぜか繋がるライフラインとネットを頼りに、愛犬コタローとともにわりとのんびり暮らしていく物語。家のまわりの森を探索中に異世界の幼女アリスを保護したユージは、食料確保のために森の開拓に取りかかる。そして異世界転移から4年目、ついにユージは初めての街を目指すのだった。 ※本編完結しました ※IFルートは同シリーズ別タイトルとして引っ越しました ※2015/7/22タイトル修正。「10年ごしに」を「10年ごしの」に修正しました

expand_more
1件 : みんなのコメント

まったり系が好きな方は良いかも。 大きなイベントはなく 年がすぎるのが早すぎ。

refresh

En

3ヶ月前に更新

 魔術国家デ・ラ・ペーニャには、魔術の研究機関である『魔術大学』が無数に存在する。
 学内では各分野における教授の指揮の下、新たな魔術や道具を開発すべく、大勢の魔術士が試行錯誤を繰り返していた。

 17歳の少年、アウロス=エルガーデンは最低水準の魔力しか持たない魔術士。
 彼は魔術そのものではなく、魔術が出力されるまでのプロセスを簡易化・高速化する為の論文を作成しようとしていた。

 過去に多くの魔術士が諦め、現在では“一攫千金論文”と揶揄される研究に臨むアウロス。
 才能も愛想もないその少年の揺るぎなき信念は、それぞれに質の異なる闇を抱えた同僚達を巻き込み、やがて大学、そして国家にさえも多大な影響を及ぼす――――

expand_more
1件 : みんなのコメント

主人公が賢い! 作者の文章が秀逸かつ、重厚に練り込まれたストーリーには圧巻。 1人の人間の生き様がそこにあった! 登場人物それぞれに味があって、魅力的だった。

refresh

En

3ヶ月前に更新

 クリシェ=アルベリネア=クリシュタンド――アルベラン王国将軍。
 当時追い詰められたアルベランを持久させ、その後の広範な版図拡大、大陸統一の中心となった人物。軍事史上最高の天才として語られ、彼女の魔術的発明は英雄の時代を終わらせた。その絶大な武勲と、現在にも伝わる彼女の魔術的遺産から、現在においても比する者なき英雄として広く知られている。
 反面、彼女が異常者であるという記述も散見され、当時の文献を紐解けばその冷酷さや無慈悲さが至る所に書き記されている。そんな彼女を冷酷なる殺戮者とする見方も多くあり、その実際は――

「えへへ、ベリー、今日は何を作るんですか?」
「そうですね……今日のメインはクリシェ様のお好きなカボチャパイにしましょうか」

 好きなことは料理と食事と甘えること。
 得意なことは人殺し。
 ――少し頭のおかしな少女が優しい人間に囲まれて、幸せを見つけていく。そんな過程を描いたお話。

expand_more
5件 : みんなのコメント

少女×戦記物×百合。

ガチ百合なので注意。ただめっちゃ面白いです。

refresh

En

半年前に更新

2017年7月7日。第五回ネット小説大賞にてメディア賞を受賞いたしました。
2018年3月6日(火)宝島社文庫より『名前のない怪物 蜘蛛と少女と猟奇殺人』のタイトルで発売中!
また、コミカライズも決定いたしました!
何卒宜しくお願いいたします!

僕はその怪物に恐怖し、魅了され、そして捕らえられた――。
深夜。部屋に響く物音で目を覚ました僕は恐ろしい〝脚〟に遭遇する。以来、姿を見せずに部屋で存在だけを主張するそいつは、まるで包囲網でも敷くかのように日常を侵食し、遂に僕の目の前に姿を現した。その正体は、あまりにも美しい、『名前のない怪物』だった。必死な抵抗も虚しく、怪物の手に堕ちていく僕。逃げることも逆らうことも叶わず、訝しむ恋人や友人から隠れ潜むかのように、僕と怪物の奇妙な生活が幕を開けた。静かに、人としての感覚が死んでいく僕。崩れていく日常。その先に待つものを知った時、僕は大きな選択を迫られる。
恐怖と謎とエロスが融合した、サスペンスホラー。
絡み付く糸から、「僕」は逃げられるか?

※本編完結! 続章連載中です。

expand_more
1件 : みんなのコメント

東京グールと寄生獣とエルフェンリートを足して3で割った感じ。面白い

refresh

En

1年前に更新

あまりやる気の無い女神、やる気はあるけどなんか酷い主人公。
異世界転生のシステムも最近は忙しくまともな転生先は選べない。
そんなわけで何になるのか、それを決めるのは友人とこれを読んでいる君だ!

※【不定期更新】
 お題を元にショートコントをさせる大喜利みたいなものです。
 お題投稿者の方で名前出しNGの方は記載をお願いします。
 なお純粋な感想だけもお待ちしております、感想の数だけお題だといずれ力尽きますので。
 むしろ普通の感想もください、切に。

※【感想ページにてリクエストの受付を行っております】
 活動報告>肋骨 お題リスト に書かれている注意書きを読んだ上で投稿してください。

※2021/01/15 宝島社より、書籍第一巻が発売しております。

expand_more
2件 : みんなのコメント

「え、肋骨?」って思った人は是非とりあえず3話くらいまで読んでみてほしい。

ずっと笑えると思うし、その先どんどん読んじゃうと思う。

refresh

En

1年前に更新

 この世は平等ではない。

 グラスになみなみと満ちたぶどう酒を呷る者がいれば、幾度も足踏みされた泥水をすする者もいる。暖かな毛皮に身を包む者もおれば、薄っぺらな襤褸を纏う者もいる。

 この世は幸福ではない。

 生まれた瞬間、人は格差の海に落ちる。金持ちの子、貧乏な子、貴族の子、農夫の子、奴隷の子。奴隷に生れ落ちたが最後、這い上がることを上は良しとしない。

 この世は残酷である。

 誰かの幸せは誰かの不幸せ。一定量の資源(リソース)をめぐり、人は争い、奪い、殺す。生きるとは屍の上で踊ることである。狂え、喰らえ、犯せ、殺せ。

 この世は、地獄である。

 だからこそ人は光を求める。

expand_more
6件 : みんなのコメント

人生におけるウェブ小説三つ選ぶとしたら間違いなく一つめにあがるべき作品。 今くじけてる人にこそ読んで欲しい

refresh

En

2年前に更新

普通のサラリーマンである安藤陸(リク)は異世界に飛ばされてしまった。異世界転移といえばチート!スキル!これで俺も無双ができる!?と思いきや、特別な能力はなにもなし。

「一般人は異世界でも一般人か…」とあきらめモードになるが、運命は彼を放っておかない。彼に力はなくとも、出会った人々みんなが特別。みんながすごい。そして何故かみんな勘違いして、リクを過大評価してくる。

「俺より全然すごい人達がどうしてこんな?」と戸惑うも、周りの評価はうなぎのぼりで天井知らず。いったいどこまで、彼は上り詰めてしまうのか??

これはただの一般人の主人公が、周りの勘違いだけで成り上がっていく、そんな物語。
[2021/1/10本編完結済。2021/5/9全エピローグ更新完了済。2021/5/22ショートストーリー追加]

expand_more
3件 : みんなのコメント

完結済みで無理のない面白い勘違い系を求めているならこれがおすすめ。

refresh

En

3年前に更新

転生したら頭の中の居候が色々と助言してくるので大丈夫かと思いながら将棋を指し続ける人のお話

4件 : みんなのコメント

絶対負けない鬼最強の主人公を、周りの原作キャラ視点で見れるのが新鮮。

refresh

En

3年前に更新

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた!
え?…え?何でスライムなんだよ!!!などと言いながらも、日々を楽しくスライムライフ。
出来る事も増えて、下僕も増えて。ゆくゆくは魔王でも目指しちゃおうかな?
そんな、どこかずれた天然主人公の異世界スライムライフです。
※本編完結済み。
 番外編は、人によっては蛇足。

expand_more
5件 : みんなのコメント

アニメ化大成功。

refresh

En

4年前に更新

 地の精霊が作ったと噂される世界屈指の巨大洞窟。その最奥を見た者は未だおらず、今なお洞窟は複雑に延び続けている。採掘される宝石を狙って命知らずの冒険者達が挑み続けるダンジョン。その実情は、たった一人の錬金術士と意地汚い精霊によって、やむにやまれぬ理由から作られていた。
(2019.4.30 書籍化)
※カクヨム転載中

expand_more

En

4年前に更新

世界は俺中心に廻っている、そんなふうに考えてた時期が俺にもありました。えぇ、そんなことはないんです。世界は金で勝手にクルクルやってるみたいでして、それはもう俺の意思なんて関係なく、日々飽きもせず大回転ですよ。ふとそれに気づき始めたのは高2の夏でして、いくら待っても美少女は降ってこない、どこぞやの組織に拉致されない、授業中にテロリストやってこない、もう俺なんで生きてるんだろう、某涼宮さんじゃないんですけどね、自分の小ささというか現実とかいう糞みたいな物を受け止めざるを得ないなぁなんてそんな悟りを開き始めてた時期だったのですが、俺は勘違いしてたんですね。そういう何かしらのチャンスっていうかオポテュニティ?そういうものがあっちから訪れる訳がないということに気付くんです。ああ、なぜもっと早く気づかなかったんだろう、だけどそれに気づいた俺が歓喜してる暇なんてない。すぐさま行動に移しましたとも。そしたらね、死んじゃいました(笑)   俺、転生。

expand_more
3件 : みんなのコメント

ここで勧められてたから見てみたら、引き込まれすぎて1日で読んでしまった。
それくらいに面白い。

refresh

En

4年前に更新

【2019/07/19 二巻が発売されました】
【2019/01/18 Mノベルスより書籍化しました】

第二王子の婚約者争奪戦に敗れた伯爵令嬢カミラ。王子は男爵令嬢を婚約者に選び、世間は二人の恋を運命と祝福した。その一方で、カミラは恋の悪役に仕立て上げられた挙句、罰としてひどく太った醜い男――その容姿から、『沼地のヒキガエル』と呼ばれる辺境の領主アロイスと結婚させられる羽目に。
醜いカエル男の慰み者として、悪役令嬢は悲惨な末路を辿りました――なんてことにさせるもんか! このまま大人しく結婚なんてしない。絶対に痩せさせていい男に磨き上げ、目に物を見せてやるんだから――!
/めげない少女と、見た目と裏腹に理知的な男の、ダイエットと食事と、手のひらで転がしてるんだか転がされているんだかな恋の話。
本編完結済み。

expand_more
4件 : みんなのコメント

適度なボリュームと無駄のないストーリーで読了後の満足感がありました。主人公にとって嫌なことをする人物も多くいるのですが、なんだか憎めない。登場人物一人一人が作者に愛されてるような気がしました。

refresh

En

5年前に更新

 リルドールは見栄を張るための嘘が原因で落ちこぼれた少女だ。
 自分を見限った周囲を見返してやると無謀にも挑んだ迷宮でも敗北し、挫折しそうになった時――リルドールは出会った仲間をきっかけに【見栄を真実にするための想い】を原動力に【縦ロールを動かす魔法】を得た。

 自分が弱い人間なんだということぐらいは、本当は知っていた。

 一度底辺まで叩き落された少女が、見栄の象徴だった縦ロールをドリルと回し、仲間のために敵を貫き世界を支え、己の吐いた嘘のすべてを真実に変えるまでの英雄譚。

※本編完結済み
※2017.8.31 ヒーロー文庫様より書籍発売されました

expand_more
2件 : みんなのコメント

百合もそうだがふつうに熱いストーリー

refresh

En

5年前に更新

*ヒーロー文庫より書籍化決まりました。
*月刊少年エースよりコミカライズ決まりました。
山田隆司は雪山で命を落とした──と思ったら、見知らぬ場所にいた。
どうも、ゲームの中の世界らしい。
その割には知らない事が多いけど……困惑しつつも、最強クラスだった能力を保有していた事に安堵し、何とかなるかと楽天的に捉えた。
高位の魔法使い、「賢者」マリウスとして今日も生きていく。

expand_more

En

2017/10/10 に更新

ヒマを持て余した女魔王が、万年レベル1と呼ばれる落ちこぼれショタ勇者を鍛え上げて殺し愛するお話です。
※レジーナブックス様より書籍化済み。契約終了での再掲載です。

4件 : みんなのコメント

恵まれない環境にいる子ども勇者が、師匠(魔王)に出会い、地獄のトレーニングで強くなり、聖女と出会い、姉弟子の魔術師と共に学び、ライバルの格闘家と武闘大会で戦い....
という、王道ファンタジーもの。

ショタ関係なく面白いので、本当におすすめです。

たまに入るシリアスな勇者視点と、コメディな魔王視点のギャップがとても面白いです。

refresh

En

2017/08/18 に更新

転生先の世界は巨大な世界樹の上に住居を建てて暮らす世界。
転生者アマネは魔物っぽい虫を狩ったり、家を建てたり、橋を架けたりしつつ、徐々に村を発展させていく。
目指すは摩天楼!

後日談編、開始します。週一回の投稿予定。

4件 : みんなのコメント

ファンタジーなんだけど、小説なんだけど、
「そういう場所が実際にあるかもしれない」と思わせてくれるリアリティが魅力の小説です。

ハリポタを読んだときに「魔法界が本当にあるかも」と感じたり、ダレンシャンを読んだときに「吸血鬼がいるかも」と感じるように、
「世界樹があって、そこに住む人々がいるかも」と感じられる物語かなと。

refresh

En

2016/12/23 に更新

ダンジョンを経営することになったはいいものの、ダンジョンは極貧状態。モンスター一匹すらまともに生み出せないような状況にあった。
ならばモンスターは自分!トラップは自分!ついでにダンジョンに眠るお宝も自分!
戦えダンジョンマスター、働かざる者経験値を得るべからず!

これは異世界人の侵略によって元居た世界を失った女子高生が、世界を取り戻すためにダンジョンで戦うダンジョンマスターをやる話です。

*主人公は特に罪の無い人でも積極的に殺しますので苦手な方はご注意ください*

expand_more

En

2016/09/22 に更新

 ミュージシャン志望の青年は、あっさり死んだ。
 しかし気づけば赤ん坊となり、見知らぬ世界で第二の生を受ける。

 口も悪けりゃ態度も悪い。
 情に厚く、思慮は浅く、気ままに、ロックに、異世界転生ライフが今始まる。

 ※下品な言葉が出てきますので嫌な方はご注意を
 ※感想とかあったら一言でもとっても嬉しくなっちゃう作者です
 
 ※2016/9/23 完結しました
 ※後日談のような何かをこちらに書いております → https://ncode.syosetu.com/n7847dn/

expand_more
1件 : みんなのコメント

隠れた名作 評価だけがすべてじゃーない

refresh

En

2016/01/22 に更新

醜悪なる姿はゴブリンと呼ばれ、人に狩られるだけの存在だった種族がいた。しかし、ただ一人の王の存在によって彼らは生まれ変わる。
魔物を率いて神々への反旗を翻した王の物語。そして彼を支えた魔物と人間達の物語。

※1章『王の帰還』、2章『楽園は遠く』、3章『群雄時代』、第4章『遙かなる王国』完結。ゴブリンの王国完結いたしました。長らくの応援・感想・評価ありがとうございました。

expand_more
5件 : みんなのコメント

苛烈な戦いの中でゴブリンが成り上がっていく。

refresh

En

2015/11/15 に更新

【警告】
・リョナ、拷問などの描写が軽度ながら存在します。
・そこそこ人が死にます。
・それなりに人でなしがいます。
・そういうのがわりと好きです。

『探し物屋』の村雨は、鼻と健脚が自慢の少女。とある事件がきっかけで、美少女をこよなく愛する女剣士、雪月 桜に気に入られてしまう。
「私はな、欲しいものは我慢せんのだ。美酒も美食も、美少女も、な」
傍若無人の桜に振りまわされて、今日も村雨の嘆きがこぼれる。基本は物騒で血生臭く、だがあっけらかんと過ぎる日常のお話。

2015/11/15、完結しました。

expand_more
1件 : みんなのコメント

江戸っぽい世界に魔法が加わったような世界でかなり文章のレベルが高く完結済み
少女は十代半ばの異国から来た灰色の少女と女好きを憚らない黒い髪の女
キャラが立っているし起承転結がはっきりしていて安定した文章も相まって凄く読みやすい
百合物に多くみられる共依存に陥りかけるも互いが互いを思いやり距離を置いて成長していく展開みあり、百合的にも物語的にもすさまじく美味しい
ただちょっと鬱展開がある

refresh

En

2015/04/10 に更新

享年29歳の男――人生をドロップアウトするには早すぎる死だったが、気が付けば領地を持つ上級貴族の息子、ソラ・クラインセルトとして転生していた。
――主人公の両親が統治する場所は、賄賂に横領、重税、領主軍を使っての領民拉致&奴隷化etc……。
眼前に広がるのは、豚領主(父親)によって破滅寸前まで追い込まれた“詰みかけ領地”!
ソラ・クラインセルトはこの状況を巻き返せるのか!?
まさかの二歳児が挑む、領地改革ファンタジー登場。

タイトル、あらすじは書籍版に準拠しました。

expand_more
4件 : みんなのコメント

自分が読んだ中で一番面白い内政チートものだった。

工学知識と経済と外交。
その組み合わせが気に入りそうな人はぜひ。

refresh

En

2015/04/03 に更新

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうやら異世界に転生したらしい。
 彼は誓う、今度こそ本気だして後悔しない人生を送ると。

2015年4月3日23:00 完結しました

9件 : みんなのコメント

最初はゲスな感じで始まるけど、家族の絆とかそういうところがテーマになってる感。

魔法!最強!ハーレム!ではあるんだけど、きちんとそれぞれが生きてる感じがある。

refresh

En

2014/01/02 に更新

 両親の治療の為に自らを売り奴隷となった黒い髪の少女カルミナは、主の命令により人類未踏の洞穴、自殺洞穴と呼ばれる洞穴の探索者---自殺志願者とならねばならなかった。

 そんな中、訪れた森の中。彼女は一人のエルフと出会う。次第、二人は仲良くなっていく。だが、彼女らに待っていたのは無慈悲な運命だった。

「お願いだから……勝手に私の思い出になんかならないで」

 そう言いながら、心も体も傷付いたエルフと共に彼女は生きる決意をする。

 同じく奴隷であった白い少女との出会いを経て彼女は見果てぬ夢を抱いていく。

 そしていつしか帝国内で噂されるオブシディアンの謎に触れ、この世界の真の姿を知っていく。

「カルミナ、貴女は知っていたかしら?この世界は、この大陸は自殺するのよ」

 世界を作った神様すら嘆き、死に至る世界。
 そんな世界で彼女は見果てぬ夢を見ながら生きて行く。

「また、皆で一緒に……」

 これはそんな彼女の過ごす剣(包丁?)と魔法(鍋?)のはーとふる(?)な物語。

expand_more
2件 : みんなのコメント

読んでは数年置き、記憶が薄れた頃合いにまた読んでを延々と繰り返しています。
生きる楽しみの一つです、素晴らしい作品と出会えた事へ感謝。

refresh

En

add_circle
Edit this osusume |