なろう廃人のすすめ なろう廃人のすすめ

ベルリク戦記

小説を読む →

 ベルリクは好んで譲らず先頭に立って突撃する指揮官の鑑。知恵と勇気と狂気に優れる。
 戦争に臨んでは油断しない。物量優越、火力優勢、奇襲攻撃、機動作戦、縦深防御、水陸共同の努力を惜しまない。
 合理で無慈悲。虐殺、焼討、略奪、焦土戦を躊躇しない。必要なら目玉を抉った捕虜を敵へ送り返し、脅迫に女子供を嬲り殺す。
 世界を血で濡らして焼き焦がし、勝利と死体と廃墟を積み上げては暴力に物を言わせる好戦的総力戦文化を創造する。

 この世界に国際条約は存在せず、大義や国益があっても正義や悪に容赦や人権は無い。

 *地図、戦図有り
 *カクヨム、アルファポリス併載

小説を読む →
レビューする →

【レビュー】
【なろう廃人さんのレビュー】

大砲が活躍する戦記小説は良い小説

妖精さんが可愛い上に人を食うし残虐

騎馬遊牧民の恐ろしさも分かる

政治情勢が複雑なところが初心者お断りか

世界中を戦場に、敵も味方も武器や戦術を改めながら、凄惨で緻密で大規模な戦争を繰り広げる。 勢力毎の政治や文化の違いが大きく、世界が非常に広く感じられる。 グロテスク要素が万人受けしない。

+
0

-
0



Home