なろう廃人のすすめ なろう廃人のすすめ

勇者イサギの魔王譚

小説を読む →

「これからも、俺についてきてくれないか」
 ――共に歩んだ愛する少女へと告白した瞬間、少年は未来へと飛ばされた。彼を喚んだのは魔族の姫。彼が討ち取った魔王の末裔だった。

「お、お願いします、魔王さま方……
 わたしたち魔族を、冒険者の魔の手からお救いくださいませ……!」

 滅亡の危機に瀕した魔族を救うため、そして愛する少女と再会するために彼は再び立ち上がる――勇者イサギとしてではなく、魔王候補イサギとして。

※エンターブレインより書籍化しております。

小説を読む →
レビューする →



Home