なろう廃人のすすめ なろう廃人のすすめ

【異世界転生】のおすすめ小説7個紹介!

1位 堕落の王

気がついたら異世界に転生していた。
寝ていたらいつの間にか望んでもないのに魔王になった。
働かなくていいなんてこの世界、最高じゃないか。きっと日頃の行いがよかったからに違いない。
怠惰の味は蜜の味。栄光、勤勉、貞淑、名誉など興味もない。
堕落の王とは何を隠そう――この俺の事だ。

*****作者からの連絡*****
2015/12/26 ファミ通文庫さんより書籍化致しました。書籍版もよろしくお願いします。
2015/11/02 第二部完結しました。ありがとうございました。
2015/2/28 続き組んだので第二部を掲載中です。
2015/1/30 無事完結しました。ありがとうございました。

※現在、二巻まで発売中

小説を読む →
レビュー・コメントを見る →

2位 無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうやら異世界に転生したらしい。
 彼は誓う、今度こそ本気だして後悔しない人生を送ると。

【2015年4月3日23:00 完結しました】

 完結後の番外編はこちらで連載中です。
 無職転生 - 蛇足編 -
http://ncode.syosetu.com/n4251cr/

小説を読む →
レビュー・コメントを見る →

3位 神統記(テオゴニア)

【主婦と生活社「PASH!ブックス」さまにて、書籍化する事になりました】
【第2巻】18年7月27日発売予定です。
コミック版『神統記(テオゴニア)』もWEB上で公開されています! よろしくお願いいたします!
http://comicpash.jp/teogonia/

人族はたびかさなる他種族の侵入に苦しめられていた。
痩せた土地を奪い合い、殺し合いを続ける辺境の地で、その少年は空きっ腹を抱えながら生きていた。

「おにぎりが食いてぇなぁ…」

戦いのさなかに少年のなかに甦った前世の記憶…
その世界の『仕様』に唐突に気付きを得てしまった少年の、成長の物語。

小説を読む →
レビュー・コメントを見る →

Knight&Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。
その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。
*お知らせ*
ヒーロー文庫より書籍版1~7巻発売中。最新8巻、2017/09/30発売。
ヤングガンガン(毎月第一・第三金曜発売)にて漫画版連載中。コミックス1~4巻発売されました。
アニメ放映、無事に最終回を迎えました。
ご視聴いただけた方はありがとうございました。

小説を読む →
レビュー・コメントを見る →

金色の文字使い ~勇者四人に巻き込まれたユニークチート~

『金色の文字使い』は「コンジキのワードマスター」と読んで下さい。

あらすじ  ある日、主人公である丘村日色は異世界へと飛ばされた。四人の勇者に巻き込まれて召喚されてしまったのだ。日色は自由に異世界生活を満喫することにした。書いた文字の意味を現象化させることができる《文字魔法》を使う少年が、いずれ世界を救う物語。書籍版に寄せた内容となっておりますのでご注意ください。  「富士見ファンタジア文庫」から本編が全13巻、外伝が全4巻と発売中です。コミックスも第7巻が絶賛発売中です。【2015/4/18 0:00 完結致しました】 番外編も完結しました。特別篇を開始しました。

小説を読む →
レビュー・コメントを見る →

奪う者 奪われる者

佐藤 優(サトウ ユウ)12歳 
義父に日々、虐待される毎日、ある日
借金返済の為に保険金を掛けられ殺される。
死んだはずなのに気付くとそこは異世界。
これは異世界で少年が成長していく物語です。

小説を読む →
レビュー・コメントを見る →

世界最強の後衛 ~迷宮国の新人探索者~

【カドカワBOOKSから書籍版の刊行が決定しました!2巻は4月10日発売予定です。】
【コミカライズが連載中です!「ComicWalker」内の「異世界コミック」コーナー、ニコニコ静画の二つのサイトで掲載しています。コミック担当は力蔵先生です。】
 事故で死亡したらしく、異世界「迷宮国」に転生することになったアリヒト=アトベは、転移先に出る際案内役と名乗る女性から「探索者の札」を渡される。転移者は全員が迷宮探索者となり、それ以外の生き方を許されないという少々ブラックな世界であると知ったアリヒトは、とりあえず探索者のならわしに従って、札に希望する職業を書くことに。適性があればその職業に就くことができるというのだが、アリヒトは「優秀な後衛が不足している」という話を聞いて、職業欄にそのまま「後衛」と書いてしまう。魔法使いでも射手でもない、迷宮国に今まで存在しなかった職業「後衛」に就くことができてしまったアリヒトは、色々と試しながら「後衛」という職業の持つスキルの有用性、応用性を発見し、理想のパーティメンバーたちを見つけて、探索者の序列を駆け上がっていく。

小説を読む →
レビュー・コメントを見る →


< Home