なろう廃人のすすめ なろう廃人のすすめ

【サッカーもの】のおすすめ小説8個紹介!

1位 サッカー少女と笑顔の挑戦記

サッカー大好きJリーガーがTS転生。少女になっても好きなのはやっぱりサッカー! 前世の知識と練習で少女は再びJリーガーを目指す! サッカーが大好きなサッカー小娘のサクセスストーリー

※「生まれ変わってサッカー少女」からタイトルを変更致しました。

みんなのコメント
サッカーの天才美少女。 試合描写のファンタジスタ感がほんとワクワクする。
小説を読む
2位 やり直してもサッカー小僧

 試合中の怪我によりサッカー選手としての道を絶たれた男がいた。
 後に彼が黒猫を助けようとして事故にあった時にその運命が一変する。
 目を覚ますと己が初めてサッカーに触れた小学三年生に戻っていることを確認したのだ。
「もう一度サッカーができるってことか……」歴史やタイムパラドクスなど一切気にしないサッカー馬鹿が、今度こそはと真剣にサッカーに打ち込む物語

小説を読む
3位  年俸100億円の男

世界で1番人気なスポーツと言えば?
やはりサッカーと答える人が大勢いるだろう。
日本でもサッカーの人気は3本の指に入る人気度だ。
では、世界で日本人の選手は活躍出来ているのか?世界で日本代表というチームは活躍出来ているのか?
恐らく答えは残念ながらノーであろう。
現在までに残念ながら日本人の中に、世界レベルのドリブラーやシューターはいなかった。そのためパスサッカーに頼るのだが、それが得点に化けることは少ない。
しかし、満を持して日本には化物が生まれた。彼は父親と常に2人きりでサッカーを練習し続け、ドリブルなどのサッカーに必要なテクニックを世界レベルに引き上げることに成功した。
そして彼は父親の死後、その力を偶然見た海外強豪チームにスカウトされ、世界へ飛び立つ。
そしてサッカー王国・イングランドに降り立った彼が、一目惚れした女性と結婚するための条件は8000万€(約104億円)の収入だった!?
先駆者たちに立ち塞がった「日本と世界の壁」を彼は見事壊す事ができるのか。
プロサッカーをテーマにした小説です。

追記:この続編は1/15頃に出します。

小説を読む
赤きポンコツのイレブン

弱小高校でサッカー部に所属する少年、藤谷未散(ふじたにみちる)。フリーキックとパスにセンスはあるものの、特にやる気を出すことも無く負け試合をベンチで眺めていた日々。しかし小柄なのに態度は大きい天才FW冬馬理生(とうまりお)、そして隣の席に座る学校一の美人にして挫折した元サッカー少女広瀬夏希(ひろせなつき)たちとの縁により、キャプテンとして本気で冬の全国大会を目指すことになる。顧問無し、練習試合のツテ無し、部員不足、練習スペース極狭という悪環境の中、「いかに敵を罠に誘い込んでカウンターを仕掛けるか」に戦術を絞り、少しずつ夢に近づいていく。
仲間との友情、手ごわいライバル、美人マネージャーとのじれったい恋、なぜか意味なくモテる主人公。
合宿、温泉、プール、体育祭、文化祭と青春学園物の定番もありったけぶちこんでおります。
↓下記ブログでも完結済みです。全78話+1。
小説実験場
http://jikkenjo.seesaa.net/article/429191628.html
最後まで読んでいただけた方は、こちら↓
『赤きポンコツのイレブン・アフター』 https://ncode.syosetu.com/n1354eo/ をおひまな時読んでください。

小説を読む
素人おっさん、転生サッカーライフを満喫する

【書籍化が決まりました】
サッカー好きな中年サラリーマンは、不幸な人生を歩んできた。
小学生の時の交通事故で、自分の右足と家族全員を失った。生きる希望を貰ったサッカーチームの応援。そのチームも消滅の日を迎えた。
だが、おっさんに人生をやり直す奇跡が訪れる。転生サッカーオタクの記憶を駆使して、サッカー業界に大旋風を引き起こす。
【第6回ネット小説大賞受賞】ツギクルブックスから2018年6月9日に発売!

小説を読む
中年サッカー

受験戦争、就職氷河期と夢なき世界を過ごし、FXで失敗し、仕事を選ぶ余裕もなく親の伝手で月給138000円の仕事に就いた中年、天城大輔。
才能がない自分はなにをやっても駄目だと人生をあきらめていたが、実はサッカーの天才だった。
42歳にしてその才能が開花する。

小説を読む
168cmの日本人サッカー選手が駆け上がるバロンドールへの道 〜脆弱フィジカルの持ち主は小学生で身長が止まっても世界最優秀選手を諦めない〜

主人公・向島大吾はその短躯・痩躯による脆弱なフィジカルにもかかわらず、両利きの足と卓越したテクニック、そして必殺のフリーキックをもって世界最優秀選手への夢を一歩一歩描いていく。

☆☆☆☆☆

日本代表の父がバロンドール受賞者にズタズタにやられ引退を迫られた際、向島大吾は自らもバロンドールを志すようになる。
大吾の兄・真吾は188cmの日本を代表する大型FW、しかし大吾は小学生の時点で168cmありながら、高校生になっても168cmだった。
フィジカル頼りだった大吾は絶望するが、気持ちを切り替えてテクニックを磨く道を選び、プロフットボーラーとして契約を結ぶ。
しかし父親が監督、実兄がエースという環境でのトップチーム昇格、そしてオーナー権限でのレギュラー定着はチームメート・サポーターの反発を招き……

☆☆☆☆☆

実在の人物名やそれに相当する人物名・実在のチーム名表記などがありましたが運営様と協議の結果、一部内容を変更することで連載継続が決まりました。

不定期連載

小説を読む
フットボール、フットボール、フットボール

鬼島中学サッカー部に所属し、家族を事故で失ったため一つ歳上の従姉である悠里と暮らす榛名暁平は、中学レベルをはるかに超えた天賦の才能を持つセンターバックだ。
そんな彼と、鉄の結束を誇る仲間たちはただひたすら勝利を求める。たとえ相手がサッカーエリートの集まるJ下部組織、姫ヶ瀬FCジュニアユースであれ。
サッカーを通してつながっている小さなコミュニティを守るため、センチメンタルにしてタフな少年少女たちはそれぞれのやり方で必死に戦っていく。

※カクヨムに重複投稿。

小説を読む
これも好き? 【 勘違い系 】


< Home