なろう廃人のすすめ なろう廃人のすすめ

グラジオラスは曲がらない

小説を読む →

「ただの人が、地球から召喚されたあたしに敵うわけないのに」
 その言葉を言い放ったのは剣も握ったこともないであろう少女であり、言われたのは過去の英雄に憧れ剣に生きてきた少年である。
「ざっけ……ん――な。絶、対――勝つ」
 その怒りが、彼ニール・グラジオラスを突き動かす炎だ。それから二年後、街一つが地球からの転移者の集団によって制圧された時、物語は動き始める。
*毎週火曜日20時更新

小説を読む →
レビューする →



Home