なろう廃人のすすめ なろう廃人のすすめ

168cmの日本人サッカー選手が駆け上がるバロンドールへの道 〜脆弱フィジカルの持ち主は小学生で身長が止まっても世界最優秀選手を諦めない〜

小説を読む →

主人公・向島大吾はその短躯・痩躯による脆弱なフィジカルにもかかわらず、両利きの足と卓越したテクニック、そして必殺のフリーキックをもって世界最優秀選手への夢を一歩一歩描いていく。

☆☆☆☆☆

日本代表の父がバロンドール受賞者にズタズタにやられ引退を迫られた際、向島大吾は自らもバロンドールを志すようになる。
大吾の兄・真吾は188cmの日本を代表する大型FW、しかし大吾は小学生の時点で168cmありながら、高校生になっても168cmだった。
フィジカル頼りだった大吾は絶望するが、気持ちを切り替えてテクニックを磨く道を選び、プロフットボーラーとして契約を結ぶ。
しかし父親が監督、実兄がエースという環境でのトップチーム昇格、そしてオーナー権限でのレギュラー定着はチームメート・サポーターの反発を招き……

☆☆☆☆☆

実在の人物名やそれに相当する人物名・実在のチーム名表記などがありましたが運営様と協議の結果、一部内容を変更することで連載継続が決まりました。

不定期連載

小説を読む →
レビューする →



Home