なろう廃人のすすめ なろう廃人のすすめ

自殺大陸

小説を読む →

 両親の治療の為に自らを売り奴隷となった黒い髪の少女カルミナは、主の命令により人類未踏の洞穴、自殺洞穴と呼ばれる洞穴の探索者---自殺志願者とならねばならなかった。

 そんな中、訪れた森の中。彼女は一人のエルフと出会う。次第、二人は仲良くなっていく。だが、彼女らに待っていたのは無慈悲な運命だった。

「お願いだから……勝手に私の思い出になんかならないで」

 そう言いながら、心も体も傷付いたエルフと共に彼女は生きる決意をする。

 同じく奴隷であった白い少女との出会いを経て彼女は見果てぬ夢を抱いていく。

 そしていつしか帝国内で噂されるオブシディアンの謎に触れ、この世界の真の姿を知っていく。

「カルミナ、貴女は知っていたかしら?この世界は、この大陸は自殺するのよ」

 世界を作った神様すら嘆き、死に至る世界。
 そんな世界で彼女は見果てぬ夢を見ながら生きて行く。

「また、皆で一緒に……」

 これはそんな彼女の過ごす剣(包丁?)と魔法(鍋?)のはーとふる(?)な物語。

小説を読む →
レビューする →



Home