なろう廃人のすすめ なろう廃人のすすめ

悪徳領主ルドルフの華麗なる日常

小説を読む →

ここは辺境の地ファーゼスト領。
土地は痩せ、魔の領域に囲まれた最果ての地。
それを治めるのが私、ルドルフ=ファーゼストだ。

「私の領民だ、攫って何が悪い?」
「金を貸せだと?よし、5倍にして返せ!」
「食糧が欲しい?貴様はブタの餌でも食っていろ」

などなど我儘放題、好き勝手し放題。
強きを助け弱きを挫く、悪徳領主ルドルフの華麗なる日常をお届けします。

(※嘘は言っていない)

現在、不定期更新を行っておりますm(_ _)m

追伸:2018年1/16にアース・スターノベルさんから、まさかの出版を致しました。

小説を読む →
レビューする →

【レビュー】
【なろう廃人さんのレビュー】

勘違いの組み立てが上手で、毎話「よく考えるなあ〜」と感心します。

主人公はかなり極悪非道なヤツです。私の記憶の限りでは、一度も良心に沿った行動をしたことはありません。それなのに周りからは超絶すごい賢くて優しい英雄だと思われています。つまり主人公は毎回、失敗して「ぐぬぬ…」となるわけです。読者としては、「俺tueee」と同時に「俺ざまぁwwww」を味わえます。これは他の作品ではなかなか見られない要素だと思います。

だいたい大まかな先の展開は読めますが、油断してると読者も騙されるように書かれています。単にニヤニヤさせるだけではなくて、「一本取られた!」感も味わわせてくれる、サービス精神たっぷりの上質な勘違いコメディです。



【コメント】
Home