なろう廃人のすすめ なろう廃人のすすめ

ラスター神父の夜のお仕事

小説を読む →

 太陽神ソルに仕えるラスター・シュレッケン神父はある日、懺悔室で自慰に耽るシスター・アドレットに遭遇する。普段穏やかで貞淑な彼女だが、その淫らな体には淫欲が詰まりに詰まっていた。再発防止の為、ラスターは彼女の淫欲を鎮めることに。ただ、彼女の淫欲は思いのほか強く、ずるずると関係は続くことになる。加えて、不良シスターのグレル、お堅い年嵩のリリーエと、相手にするシスターは増える一方。淫らなシスターに囲まれた、ラスターの明日はどっちだ。
※完結しました。
※ほぼほぼエロしかありません。エロ回には要素をタイトルの横に記しておきます。
※ソフトなSM描写があります。痛そうなのはありません。

小説を読む →
レビューする →

【レビュー】
【なろう廃人さんのレビュー】

性的に抑圧された聖職者が隠れてオナニーするところから始まる。


聖なるものであろうとするシスターが、
自分の中の性の欲望に苦しみ、
性の悦びを教え込まれた後に
焦らしに焦らされ「イカせてぇ!!」と懇願する姿
が非常にそそる。


【コメント】
Home