なろう廃人のすすめ なろう廃人のすすめ

ちょっとした、文化の違い

小説を読む →

彼は転生をした。ちょっとしたリスクはあったものの、自分の望んだチート付き。しかもその世界には魔法があって、いわゆる一夫多妻が許可される世界。つまりは、ハーレムを作っても問題なし。正しく理想。彼は前世においての夢であった、ハーレムを作り上げると思われた。
けれども彼は手に入れたチートである『魅了の瞳』を封印。そしてその反動で、魅力値最底辺となるのであった。
結果的にあらゆる人間、特に女性からは汚物を見るように気持ち悪がられ、しかし彼は満足げな表情。そればかりか彼は、求めて止まなかった女性との接触を、全力で避けていた。その理由は、異世界のちょっとした文化の違い。

小説を読む →
レビューする →

【レビュー】

【コメント】
Home