なろう廃人のすすめ なろう廃人のすすめ

辺境護民官ハル・アキルシウス(改訂版)

小説を読む →

 帝都で下級官吏として勤めていたハル・アキルシウスは、貴族と諍いを起こしたことで蛮族が跳梁する北方辺境へ護民官とされ左遷されてしまう。
 文化、習俗、人種の著しく異なる辺境の地で、何の支援も与えられず廃棄都市を拠点として業務に当たる事になったハル・アキルシウス。
 蛮族の神官(美女)過去の英雄(死霊)の協力をなりゆきで得たハルの辺境経営がはじまった。

~辺境護民官ハル・アキルシウスの増補、改訂版です~

小説を読む →
レビューする →

【レビュー】

【コメント】
Home