なろう廃人のすすめ なろう廃人のすすめ

僭王記

小説を読む →

時に統一暦六三〇年
自由都市ドレイクには眉を赤く染めた凶賊の集団が暴れまわっていた
その外見から緋色の凶賊――緋賊と呼ばれ、怖れられていた彼らを率いていたのは、まだ二十歳に満たない青年であった

青年の名はイン・アストラ
後に僭王と呼ばれることになる人物である

小説を読む →
レビューする →

【レビュー】

【コメント】
Home